【100均】くっつきにくい!ダイソー クッキングトレーはオーブン調理に最適です◎

ダイソー クッキングトレー100均アイテム

こんにちは、ハトムギ(@hatomugi_bikatu)です。

今回は、オーブン調理に大活躍、ダイソーのクッキングトレーをご紹介します。

 

オーブン調理のときって、くっつき防止ため、アルミホイルとか、キッキングシートとか使いませんか?

でも、アルミホイルって食品がくっつきやすいし、1回使っただけで捨てるのはもったいない。かといって、クッキングシートはちょっと高い・・・。

こんな悩みを解決したのがダイソーのクッキングトレーです。

 

リベイクにぴったり、何度も使える、洗いやすい、と、かなり重宝しています。では、早速ご紹介していきます。

 

 

【レビュー】ダイソー クッキングトレーはオーブン調理に最適!

では、実際にダイソー クッキングトレーを使った感想をご紹介します。

 

大きさはこのくらい

ダイソー クッキングトレー

大きさは、14cm×24cmと、オーブントースターに丁度いいサイズです。

オーブントースターに付属のトレーにも収まるサイズなので、使いやすいですね。

 

安心できる厚み

厚みもしっかりしていて、簡単に折れたり曲がったりすることもありません。

加熱しても、穴が開かないであろうと思うくらい頑丈です。

 

深さもいい

深さは1cm。このくらいあると、汁気のあるものの調理も安心です。

実際、玉子マヨトーストをこぼした時も、安心の受け止め力でした。

 

くっつき防止&油が切れる溝がある(フッ素加工あり)

ダイソー クッキングトレー

実はクッキングトレー、100均商品ですが、表面にフッ素加工までしています。

また、凹凸があり、油がきれやすくもなっています。

 

色々焼いてみました!

では、実際に色々焼いてみます。

 

唐揚げは温め直して、表面をパリッとさせました。

ダイソー クッキングトレー

↓こんな感じで、汚れがぜんぜんくっつきません

ダイソー クッキングトレー

 

次に焼きキノコ。

アルミホイルだとくっついて剥がれなくなりますが、ダイソーのクッキングトレーだと綺麗に取れました。

 

クッキングトレーの表面に油を塗ると、なお良いです。

 

…こんな感じで、なかなか重宝しています。

 

ダイソー クッキングトレーのメリット

ダイソー クッキングトレーはアルミホイルよりも使いやすいので、我が家ではリベイクで活躍しています。しかも、110円(税込み)で日本製なのも気に入った点です。

 

110円(税込み)で日本製!

ダイソー クッキングトレー 日本製

ダイソー クッキングトレーは110円(税込み)の低価格にもかかわらず、安心の日本製です。

やっぱり高温で加熱する調理器具は、国産製品だと安心できますよね。

 

ねこさん
ねこさん

熱で曲がったり、壊れたりしないだろうなぁ

という自信がでてきます。

 

↓国産のちゃんとしたやつだと、1,500円(税込み)くらいします。

 

食べ物がくっつきにくい

表面にフッ素加工がされているので、油をちゃんと塗って使えば、食べ物もそんなにくっつきません。

ランクで表すとこんな感じ↓

【くっつかない】クッキングシート>>クッキングトレー>>>アルミホイル【くっつく】

アルミホイルと比べると、なかなかいい感じです。

 

↓他にも、ダイソーの便利な調理器具をレビューしています!

 

サビずらそう

「サビずらそう」とか、曖昧な表現で申し訳ないですが・・・。

まだ数回しか使っていないものの、サビにも強そうな感じがします。

何より、汚れが落ちやすいので、本格的にサビる前に手入れができそうです。

 

アルミホイル節約

オーブン調理の時は、アルミホイルを敷いていましたが、ダイソー クッキングトレーがあればそれも必要ありません。

ゴミが減ったのもメリットですね。

 

オーブントースターにちょうどいい大きさ

ダイソー クッキングトレーは、オーブントースターに丁度いい大きさです。

料理を乗せたまま、食卓に上げても場所をとりません。

 

▼おすすめ記事

【送料無料】九州の美味しいお取り寄せグルメなら「九州お取り寄せ本舗」がおすすめ!

 

オーブントースター付属の天板より洗いやすい

洗いやすさもポイントで、オーブントースターに付属している天板よりも簡単に洗えます。

サイズが小さいく、フッ素加工しているのが理由かと感じました。

また、銀色なので汚れが分かりやすいのもいいですね。

 

リベイクに大活躍

コロッケや唐揚げ、タイ焼き、パンなど、オーブンで温めなおしたほうが美味しい食べ物って、結構ありますよね。

それらの食べ物を、手軽に温めなおせるのはやっぱり嬉しいです。

 

困った女性
困った女性

アルミホイル用意するのも、使った後の天板洗うのも面倒だし…、衣シナシナでいいや。

とはならなくなりました(笑)

 

ほっかいどうくん
ほっかいどうくん

美味しいのが一番ですね!

 

ダイソー クッキングトレーのデメリット

基本的には使いやすいダイソー クッキングトレーですが、食べ物が全く、くっつかない訳ではありません。そこは注意点です。

 

食べ物がくっつかない訳ではない

表紙の紙にも書かれているとおり、ダイソー クッキングトレーは食べ物が「くっつかない」のではなく、「くっつきにくい」商品です。

なので、油も引かずに卵を流し入れたりすると、ガビガビにくっつきます。(経験済み)

あくまでもリベイク用であって、直接調理できるものではありません。

 

油を塗ってから使ったほうがいい

くっつきやすい食品を加熱する時は、先にサラダ油を塗っておくと安心です。

実際、シイタケを調理する前にクッキングトレーに油を塗っておいたら、綺麗に剥がれました。

 

ダイソー クッキングトレー活用方法

以上のように、リベイクに大活躍のダイソー クッキングトレーですが、他にも使い方がありましたのでご紹介します。

 

冷凍庫の収納に

ダイソー クッキングトレーは、鉄でできているので、冷凍庫の収納に使いやすいのではないかと思います。

肉とか魚とか、素早く冷凍させたいときにも便利そうですね。

 

オイルポットの下敷き

油に強いので、オイルポット類の下敷きにもいいそうです。

オイルポットとか、オリーブオイル瓶って、気が付いたらベトベトになってますもんね。

 

 

調味料用トレー

また、液が垂れやすい商品としては、調味料も当てはまります。

なので、調味料のトレーとしても使えるそうです。

(トレーなら、なんでも使えますね。)

 

ダイソー クッキングトレー製品情報

ダイソー クッキングトレー

商品名:フッ素クッキングトレー(オーブントースター用)

サイズ:14cm × 24cm × 1cm

素材 :鉄(フッ素加工)

原産国:日本製

価格 :110円(税込み)

※調理器具エリアで購入しました。

 

~使用上の注意~

  • たわし・クレンザー使用NG
  • 電子レンジNG
  • 直火NG

 

 

【まとめ】アルミホイルの頻度も減って、リベイクが快適!

以上が、ダイソー クッキングトレーの使用レビューです。

110円(税込み)で日本製だし、フッ素加工もしているし、買ってよかった製品です。

 

我が家はリベイクにアルミホイルを使っていたのですが…

食べ物がくっつく→無理やり剥がすと破れる→イライラする

↑この一連の流れがなくなったので、本当に快適です(笑)

 

以上になります。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

コメント

タイトルとURLをコピーしました