【コスパ最高】ダイソーのポップコーンの元があれば、しばらくおやつに困りません

100均アイテム

こんにちは、ハトムギ(@hatomugi_bikatu)です。

みなさん、ポップコーンはお好きですか?小さいお子さんのいる家庭だと、ポップコーンって、結構人気のおやつなのではないかな?と思います。

でも、市販品を買うと意外と割高感が否めない…。

そんなときこそ、100均の出番です。実はポップコーンの元、ダイソーに売ってます。しかもたっぷり220g入り。

 

この記事では、ダイソーで見つけたポップコーンの元について、特徴や販売元、美味しいポップコーンの作り方や注意点をご紹介します。

 

山盛りポップコーンを食べたい人に、おすすめの内容となっています。

 

 

【レビュー】コスパ最高!ダイソーのポップコーンを紹介します

では、早速、ダイソーのポップコーン原料豆についてレビューします。

 

安い!これだけ入って108円(税込み)

ダイソー ポップコーン

まずは何といってもコスパの良さ。

ダイソー ポップコーン原料豆は220g入り108円(税込み)です。

1人前が約30gなら、一袋で8人前作れる計算です。

 

ポップコーン原料豆はポップコーンになると体積が17~30倍に膨張するそうなので、この1袋でどれだけでき上るか…。考えただけでも楽しくなります。

 

ねこさん
ねこさん

映画館のポップコーンの原価が気になっちゃうね!

ポップコーン原料“豆”ってなに?

ところで…。

パッケージを見ると、原材料に「ポップコーン原料」との記載が。

「豆?これ、トウモロコシじゃないの?」

と、思ったのですが、どうやらポップコーンの原料となるトウモロコシを“豆”と呼ぶようです。

なので、「実はトウモロコシそっくりの別の豆だから安い!」という訳ではないので、ご安心下さい。

 

▼人気記事

【100均で買える!】ダイソーのマルキンかき醤油実食レビュー!美味しい食べ方13選も紹介!

 

“ジャズポップコーン”を作っている会社の製品です

で、あまりにも安いと、先述のような不安(豆疑惑)がでてきますが、ダイソーのポップコーンはちゃんとした会社の製品です

フライパン型の調理セットで作る「ジャズポップコーン」って見たことありませんか?(名前は知らなかったけど…。)

 

※画像はクリックするとAmazonに飛びます!

↑実はこちらの製品を作っている会社が製造元です。

卸用から家庭用まで作っている、ポップコーン一筋の会社の商品でした。

 

できたてのポップコーン、こんなに美味しいの!?

せっかくなので作って食べてみました。作の方は後ほど詳しくご紹介します。

実は私、ポップコーンってそこまで好きではないのですが(なぜ買った)…。

 

できたてって、ビックリするくらい美味しいんですよ!

油と塩の量さえ間違えなければ、無限に食べていられそうなくらい、味も歯ごたえもバッチリです。

フレーバーもしょっぱいのから甘いのまで作れるので、これはおやつにぴったりですね。

 

ダイソー ポップコーンの作り方

では、驚くほど美味しかった、ダイソー ポップコーンの作り方をご紹介します。

一度失敗したので、注意点もあわせて解説します。

 

step1:ポップコーン原料豆を重ならないように鍋に入れ、ひたひたになるくらいのサラダ油を入れる。

ダイソー ポップコーン 作り方

この時、ポップコーン原料豆を入れすぎると不発豆ができる原因になります。

また、を入れすぎると、ポップコーンはギトギトになるし、調理中に油が腕に跳ねるし、いいことがありません。適量が大切です。

※パッケージの作り方には、この段階で塩を入れていますが、あとからまぶした方が味の馴染みがいいです。

 

step2:鍋に蓋をして弱火~中火にかける。そのうちポップコーンが弾ける音がするので、鍋をゆすりながら火にかけ続ける。

「ポン!」という音がして、鍋蓋にポップコーンが当たり始めます。

ビビりだと、ここで鍋を火から下したくなりますが、それではポップしないので頑張って加熱し続けて下さい。

注意:蓋を開けると、ポップコーンと油が跳ねてきます中身が気になるなら、透明な蓋を使うのがおすすめです。

 

 

step3:ポップコーン豆が一気に弾けだす。音がしなくなるまで、鍋をゆすり続ける。

1つ「ポン!」と鳴ると、すぐに「ポンポンポンポン!」と、他の豆もポップコーンになっていきます。ここが楽しい。

このときは、ポップコーンが焦げないように鍋をゆすり続けます。しばらくすると音が鳴りやむので、そうすれば完成です。

注意:音が鳴り止んですぐに蓋を開けると、ポップ中のコーンが飛び出してくることがあります。しばらくしてから蓋を外しましょう。

 

step4:好みの味付けに調味して完成!

ダイソー ポップコーン 作り方

塩をまぶしたり、甘くしたりして完成です。

アツアツが美味しいのですが、火傷には注意してください。油を使っているので、見た目に反して、かなり熱いです

 

ポップコーンって電子レンジでも作れるの?

以上、簡単に作れるダイソーのポップコーンですが…。

欲をいえば、鍋を汚さず、もう少し楽に作りたいですよね。

 

調べてみると、ポップコーンって電子レンジでも作れるようです。

色々なレシピが見つかりましたので添付します。

 

 

油を使わなくてもできるようなので、ダイエット中にもよさそうですね。

 

注意点を調べると…

  • 焦げやすいため調理中は、電子レンジの側を離れないこと、
  • 様子を見ながら適宜ストップするこ。

との情報が見つかりましたので、参考にしてみてください。

 

 

ダイソー ポップコーンのアレンジレシピ

ポップコーンの強みは、塩味でも甘くても美味しいところですね。おやつに嬉しいアレンジレシピを見つけてきたのでご紹介します。

 

キャラメルポップコーン

 

シュガーバターポップコーン

 

のり塩ポップコーン

 

カレーポップコーン

 

…甘い味付けは、フライパンで砂糖などを溶かすのに対し、塩味はポップコーンに直接調味料をまぶすタイプが多かったです。色々試して好みの味を見つけたいですね!

 

↓こんな感じで、シャカシャカするだけでできる、フレーバーセットもありました。

 

ダイソー ポップコーンの注意点

では、最後に、ダイソー ポップコーンの注意点をいくつか解説します。

 

低温だと弾けない(ポップコーンにならない)

ポップコーンは、種の中の水分を水蒸気にして膨張し、固い外側の皮を破ることで「ポン!」と弾ける仕組みのようです。

そのため、温度が低すぎると弾けません(豆が焦げていく…)。

うまくいかないときは、少し加熱温度を上げてみてください。

 

調理中の油ハネに注意

ポップコーンが弾けるとき、油も一緒に飛んできます。

なので、お子さんと調理する時は特に注意してください。

透明で、なおかつ、しっかり閉まる蓋を用意すれば安全でしょう。

 

弾けなかったポップコーン原料豆は再加熱しない

ポップコーンを作っていると、弾けない豆がでてきます。

弾けない理由は…

  • もともと、中の水分量が少なかった。
  • 加熱が足りなかった。

上記2パターンのようですが、どちらにしろ、再加熱は推奨されていません。

 

とはいうものの、好奇心から、再加熱して食べられるか実験してみました。

結果としては、弾けはするものの他のポップコーンと比べて固さと苦さ(焦げているので)があり美味しくはありませんでした。

 

ポップコーンは低カロリーではない

美味しくていくらでも食べられるポップコーンですが、カロリーは結構高めです。

 

食品100gあたりのカロリー
ポテトチップス554kcal
ポップコーン484kcal
ショートケーキ343.9kcal
ハンバーガー294.9kcal
フライドポテト237.1kcal

日本食品標準成分表参照

↑こうやって見ると、だいぶ暴力的なカロリーですよね。

ただし、フレーバーによってはもっとカロリーが上がるでしょう。また、調理で油を使わなければ、もう少し低カロリーになるかもしれません。

 

ダイソー ポップコーンの原料はアメリカ産

注意点ではないですが、ダイソーの ポップコーン原料豆はアメリカ産です。また、映画館などで販売されているポップコーンのほとんどがアメリカ産の爆裂種というトウモロコシです。

ここで少し気になったのが「はたして、国産のポップコーン豆はあるのか?」という点です。

 

調べて見ると、割高ではあるもののいくつか見つかりました↓

 

 

↓こちらは嬉しい送料無料。

 

 

あとは、オーガニックのカラフルポップコーン(アメリカ産)

 

 

こんな感じで、実はポップコーンって、国産やオーガニック製品もあるので、気になる方はこちらを購入してもいいかもしれませんね。

 

ダイソー ポップコーン 製品情報

ダイソー ポップコーン

  • 名称  :ポップコーン原料豆
  • 価格  :108円(税込み)
  • 原材料名:ポップコーン(遺伝子組み換えでない)
  • 内容量 :220g
  • 原産国 :アメリカ
  • 加工者 :有限会社 クローバー

※加工者公式HPでは、賞味期限は365日とのこと。

※直射日光、高温多湿を避けて保存。

※ダイソーでは食品コーナーで購入。漬物とかレトルト品とかがあるエリアでした。

 

【まとめ】ダイソー ポップコーンの元、1袋あれば大満足まちがいなし!!

以上が、ダイソー ポップコーンの元のレビューでした。

ポップコーンって、固い殻が口の中に残るし、あまり好きではなかったのですが…

ダイソーのポップコーンの元を使って、自分で手作りすると、あまりの美味しさに今までの常識が覆りました。

ポップコーン美味しいです。

 

108円(税込み)で8人分くらい作れるので、おやつにぴったり、コスパも最高ですね!

以上になります。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました