【レビュー】ダイソーとうふパックはコスパ最高!でもちょっとヒリヒリする?

ダイソー とうふパック 体験レポート

またまたダイソーで良さそうなのを見つけました!

洗い流すだけの簡単とふうパック300円!

パッケージもファンシーショップで売ってそうな可愛いい感じ。

 

今回は2種類(酒粕&とうふ)のダイソー300円パックのうち、「とうふパック」についてレビューしていきます。

 

柚子のほんのり香りいい香りに癒されるんですが…。

果たして300円パックはどの程度の実力なのか!?

 

 

 

 

 

ダイソーとうふパック使用ビュー

ダイソー とうふパック

では、実際にダイソーとうふパックを何度か使ってみた感想を書いていきます。

 

 

パック後はしっとり&ツヤ感アップ

パック後の肌はしっとり&ツヤ感アップでいい感じです。

オイル成分が豊富(ミネラルオイル、ダイズ油など)なので、パック後も肌の突っ張りを感じません。

お風呂に入りながらパックして、流し終わったあとものんびりしていられるので楽ですね。

「モロッコ溶岩クレイ」など、毛穴ケア成分も豊富なのが嬉しい。

 

 

 

使い方は塗るだけ!簡単&時短ケア

ダイソーの「とうふパック」は洗い流しパックなので簡単&便利もポイントです。

使い方は肌に塗って5分程度おいてから流すだけ。

お風呂に入りながらケアできるので、わざわざ通常のパックをしている時間がないときもおすすめです。

 

 

柚のいい香り

ダイソーとうふパックは「ゆず果実エキス」入りで、しっかりとしたゆずの香りが楽しめます。

なので、このパックを顔に乗せてお風呂に入れば簡単に“柚子湯”気分が味わえるというわけです(笑)

 (ただ、香りが結構強いので苦手な人は要注意。)

 

 

テクスチャーはプルっとさっぱり

ダイソー とうふパック

パックのテクスチャーは「プルっとしつつ、さっぱり」しています。

コクというか、密度がないので「本当にこれで肌の上に留まるの?」と思いましたが、ちゃんとパッティングできます。

フルーチ〇(ハウス食品の)とかヨーグルトっぽい感じなので、洗い流しに時間がかからないのもメリットです。

 

 

300円だけど大容量(高CP)

ダイソーとうふパックは300円と100均製品の中では高価格帯です。

ちょっと高いかな?と、いう感じもするのですが、容量は100gとたっぷり。

10回程度はパックできます。

1回30円と考えると安いもんですよね。

 

 

 

 

ダイソーとうふパックのデメリット

では、次にダイソーとうふパックのデメリットです。

お得感たっぷりだから肌に合うといいのですが…

 

 

ヒリヒリする…(小鼻周りが特に)

本当っっっに残念何ですが…私はパックするとどうしても小鼻まわりがヒリヒリしてしまいます(泣)

 

なんでだろ~?

柚子のかんきつ成分がダメなんですかね?

 

たぶん、普段から角質ケアをしてるなど、肌が薄くなっている部分はダメっぽいです。

 

ですので…

 

✔敏感肌

✔柑橘類に弱い

 

こんな方はちょっと刺激が強いかもしれません。

 

で、レビューを見ていると、とうふパックよりも同じくダイソーの「酒粕パック」の方がよさそうだったので、そっちを試してみるといいかもしれません。

 

パック後の肌もいい感じだったのでちょっと残念です。

 

 

※ちなみに、同じ300円の酒粕パックはヒリヒリ感がありませんでした。

 

 

 

ダイソーとうふパックの成分と効果・効能

ダイソー とうふパック

では、気になるとうふパックの成分を確認していきます。

 

原産国:日本

 

全成分:水、BG、ミネラルオイル、ダイズ油、モロッコ溶岩クレイ、海シルト、エタノール、ポリソルベート80、レシチン、ソメイヨシノ葉エキス、ダイズイソフラボン、ユズ果実エキス、ステアリン酸グリセリン、カルボマー、カプリリルグリコール、メチルパラベン、水酸化K、ステアリン酸グリセリン(SE)、ポリソルベート60、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ステアリルアルコール、マンニトール、ステアリン酸ソルビタン、結晶セルロース、EDTA-2Na、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、酸化鉄、酢酸トコフェロール、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、香料

 

こんな感じですが後半の「ユズ果実エキス」以降の成分は正直よくわかりません(笑)

 

…せっかくなので、気になった成分の効果を調べてみました。

 

BG

ブチレングリコールのこと。

保湿効果に優れ、多くの化粧品に配合されている。

また、BGには抗菌性もあるため、これを使うと防腐剤の添付を減らせるとのこと。

 

 

ミネラルオイル

石油を精製して作られるオイル。

ベビーオイルとの違いはよくわからない。

 

 

ダイズ油

ダイズ種子から取れるオイル。

リノール酸が豊富で単体では酸化しやすいが、エモリエント効果に優れる。

混ぜて使うのがよさそう。

 

 

モロッコ溶岩クレイ

モロッコでしか採れない粘土で、ミネラル分も豊富。

泥のキメが細かいので吸着力に優れ、パックやスクラブでも利用される。

高級パック(5,000円程度)にも利用されている。

 

 

 

 

海シルト

これで「くちゃシルト」と読みます。

海底に何年も蓄積した泥で、海由来のミネラル成分がたっぷり。

粒子が細かいので毛穴の汚れもしっかり取ってくれる。

沖縄の海で採れるそうです。

 

 

ソメイヨシノ葉エキス

桜でおなじみ「ソメイヨシノ」の葉っぱのエキス。

抗アレルギー作用があるそうです。

 

 

…こんな感じで、肌の汚れをしっかりとって水分も留めてくれそうな成分が豊富に含まれています。

何より、洗い流しパックの定番「泥」が2種類も入っているのが贅沢ですよね。

 

で、肝心の小鼻ピリピリ成分はやっぱり「ユズ果実エキス」ではないかと推測しています。

それ以外、素人目にはそこまで強そうな感じの成分が見当たらないです。

 

 

まとめ

以上がダイソーとうふパックの使用レビューでした。

ぷるんとしたテクスチャーでいい香り、使用後は肌がワントーン明るくなって結構いい感じなんですが、ピリピリしてしまうのが残念でした。

 

今は鼻のまわりを避けて、ほっぺやおでこ中心に使っています(笑)

 

次の酒粕パックに期待!

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました