ジャスミン茶ってカフェイン入ってるの!?効能とあわせて紹介です。

カフェインレス生活

最近はコンビニでもよく見かけるようになったジャスミン茶。

 

ところで、ジャスミン茶って、「ハーブティー」?それとも「フレーバーティー」??

ノンカフェインだと思ってたけど、もしかして違うの?

 

…このレポートを読むとそんなジャスミン茶の「?」が解決します。

 

 

ジャスミン茶ってカフェイン入ってるの?

結論から先に申し上げますと、ジャスミン茶はノンカフェインではありません。

なぜかというと、緑茶などにジャスミンの香りを移して作るお茶だからです。

 

…実は、このレポートを書くきっかけとなったのが最近、コンビニで買ったジャスミン茶の成分を見て。

成分表に「緑茶」の文字が。

 

私、ジャスミン茶はずっとノンカフェインだと思い込んでいたんです(笑)

ジャスミンティーは「ジャスミンの花や茎から作ったハーブティー」だと思っていたのですが、まったく違いました。

お恥ずかしい限りです。

 

同じように勘違いしている方もいるでは!?と思いジャスミン茶について調べた内容をまとめています。

まずは気になるジャスミン茶の作り方をご紹介します。

 

 

ジャスミン茶のベースにカフェインが?

ジャスミン茶は茉莉花茶(モーリーファチャ)の名前でも親しまれている中国茶の一種です。

 

もともは風味・品質の落ちた茶葉にジャスミンの香りを移して美味しく飲むために編み出されたのがジャスミン茶の始まりです。

もったいない精神が生み出したお茶が今日(こんにち)では、多くの方に親しまれているんですね。

 

一般的にジャスミン茶のベースとなるのが下記のお茶です。

 

【ジャスミン茶のベース】

・緑茶

・烏龍茶(ウーロン茶)

・白茶

・プーアール茶

 

このようにみると、カフェインが入っていない方がおかしいものばかりですよね(笑)

 

 

ジャスミン茶のカフェイン含有量

次に、ジャスミン茶に含まれるカフェインの量を調べて見ました。

 

「独立行政法人 国民生活センター」のHPに掲載されているデータによると、ペットボトル入飲料の各カフェイン量は下記の通りです。

 

 

【ペットボトル飲料100mlあたりのカフェイン含有量】

・ジャスミン茶    平均 40.3mg

・緑茶        平均 57.8mg

・烏龍茶       平均 66.3mg

・紅茶        平均 60.5mg

・ほうじ茶      平均 63.1mg

缶コーヒー     平均 88.6mg

 

 

〈参考サイト〉

○独立行政法人 国民生活センターHP

・http://www.kokusen.go.jp/z-test/data/zt-20171013_02.html

 

 

こうみると、ジャスミン茶はペットボトルのお茶の中では、もっともカフェイン含有量が低いということがわかります。

 

「カフェインと言えばコーヒー!」ということで、缶コーヒーのカフェイン量も掲載しました。

ジャスミン茶は缶コーヒーの半分以下のカフェイン量であることがわかりますね。

 

ノンカフェインとは言えませんが、それでも、お茶の中ではカフェインの量が少ない点は注目ですね。

 

 

カフェイン以外のジャスミン茶の効能・効果

では、次にジャスミン茶の効能について確認していきます。

 

香りの効能

「ジャスミン茶の効能」となると、ベースとなる茶葉によって効果は変わってくるでしょう。

ですので、このレポートでは主に「ジャスミンの香りの効能」についてご紹介します。

 

 

【ジャスミンの香りの効果】

・抗うつ作用

・鎮静作用

・鎮痛作用

・催淫作用

 

 

これらの効果が期待出来ます。

どちらかというと、気持ちを明るく、楽しくしてくれるイメージが強いと言えそうですね。

 

「催淫作用」とあるように、華やかなジャスミンの香りは、媚薬として用いられていた歴史もあるようです。

 

 

ノンカフェインのジャスミン茶はないのか?

華やかな香りが口いっぱいに広が美味しさは、ジャスミン茶ならではのものですよね。

せっかくなら、ノンカフェインでジャスミン茶を楽しむことは出来ないか?と思い商品を調べてみました。

 

先に、正直に言うと、ノンカフェインのジャスミン茶は通販ではほとんど見つけることができませんでした。。

あっても評価が低いものも多いです。

 

そんな中で一番美味しく飲めそうなのがはくばく やさしいジャスミンブレンド茶 でした。

 

 

 

こちらの商品は麦茶の原料である、大麦にジャスミンの香りを移したものです。

麦茶ですので、安心のノンカフェインです。

 

また、Amazon(アマゾン)の口コミ評価もまあ、悪くない。というところもポイントです。

せっかくですので、口コミも掲載しておきます。

 

ほぼ麦茶

ジャスミンブレンドとありますが、ほぼ麦茶です。
パッケージの写真はジャスミン茶だと思うのですが…(^^;
実際は普通の麦茶の色と味に、ジャスミンの香りと味が加えられた感じです。
原材料は大麦とジャスミン。大麦が先です。
ティーバッグを開けて見た感じでは、ほぼ麦茶でジャスミンが1割位?ブレンドされている感じです。
味自体は悪くないです。
麦茶の甘味にジャスミンの渋味が加わり、大人向けの味になっていると思います。
子供には飲みにくそうです。
それと、ジャスミン茶が好きな方は、ジャスミンを期待して飲んだらちょっとがっかりするかも。
私はブレンドティーが大好きなのでなかなか好みの味でしたが、好き嫌いは別れそうな気がします。

『引用元:amzon.co.jp

 

…口コミを見ていると「ほんのりジャスミの香る麦茶」という意見が多いですね。

逆に、ジャスミン茶だと思って買うとがっかりするようです。

 

ジャスミンが主張しすぎない分、華やかな香りほんのりありながら、夏でもごくごく飲めるところがメリットと言えそうです。

 

 

まとめ ジャスミン茶には少量のカフェインあり

いかがでしたか?

最近はコンビニでも手軽に買えるジャスミン茶は緑茶にジャスミンの香りを移したフレーバーティーであることがわかりました。

 

歴史的には、品質の低下した茶葉にジャスミンの香りを移し、飲みやすく工夫したジャスミン茶は、現在では多くの人に愛飲されるお茶の一つとなりました。

 

残念ながら、ノンカフェインのジャスミン茶は、市場にそれほど流通していませんが、ペットボトル飲料(お茶)の中ではカフェインが少ない方であることがわかりました。

 

最後までご覧頂きまして、ありがとうございます。

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

 

NEXT>>【ノンカフェイン】利尿作用もあるの?麦茶の効果・効能について

コメント

タイトルとURLをコピーしました