固形石鹸でシャンプー!?おすすめの理由とメリット・デメリットのご紹介です!

シャンプー

最近流行りの“石鹸シャンプー”

固形石鹸で髪を洗うので、プラスチックボトルの削減になるなど、何かと話題ですよね。

 

でも!

正直、石鹸で髪を洗うって…どうなの?

髪キシキシにならない?と、思いませんか?

 

この記事では、石鹸で頭皮と髪を洗うメリットとデメリットをご紹介します。

油田解消、ニオイ防止…想像以上に“いい”使い心地に、最近は石鹸洗髪ブームです!

 

 

固形石鹸でシャンプー♪メリット&おすすめの理由

では早速、石鹸で洗髪するメリットと魅力をご紹介します。

 

 

泡立ち抜群!もこもこ泡が気持ちいい♪

“石鹸シャンプー”って、全然泡立たないイメージではないですか?

実は、めちゃくちゃ泡立ちがいいんですよ(笑)

 

本当、羊の毛のような泡が出来て驚きました。

市販の液体シャンプーよりも濃厚でモコモコの泡ができますよ。

 

泡立ちがいいので、液体シャンプーのようにシャンプー液が頭髪に残ることもなし。

 

「今までナゼ、石鹸シャンプーを試さなかったんだろう?」

 

と、思うほどいい感じです。

 

 

頭皮爽快!頭が軽い♪

泡立ちがいいので、汚れ落ちも抜群です。

液体シャンプーにはない爽快感がありますよ。

 

頭皮が軽くなった気分です(笑)

 

石鹸シャンプーにして始めて、

「もしかして、今まで頭皮って全然洗えてなかっなんじゃないか…」

と、思ったほど。

 

それくらい、爽快感がありますよ!

 

 

脱・油田!次の日も頭皮がベタつかない

頭皮に優しいシャンプーだと、どうしても次の日、ベタつきが気になりました。

それが、石鹸シャンプーにすると、次の日の夕方でも地肌がすっきりしていて快適です。

 

暑い日でも、髪のベタつきや、頭皮のムレが気になりません。

石鹸で頭皮を洗うと、それくらい、汚れを毛穴の奥から取り除いているんでしょうね。

 

脱・油田頭皮できました!

 

 

暑い日も安心!ムレ&ニオイ防止

また、石鹸だと、頭皮からしっかり洗えているので、ニオイも減りました。

 

汗をかいたときや、遅くまで働いていると気になる頭皮の臭い。

「もしかして私、頭皮臭ってるかも…」という余計な心配がなくなりました。

 

暑くて汗だくの時も、頭皮のニオイに悩まされないので、とっても快適です。

 

 

洗浄力抜群!でもかゆみはなし

石鹸シャンプーは、洗浄力抜群です。

だけど、油分が落ちすぎて頭皮が痒くなることもありません。

 

また、時間がたっても地肌の痒みに悩まされないのが嬉しいですね。

セミロングでも洗髪1回で済むので水道代の節約にもなります。

 

暑い日もシャンプー1回で済んでしまうのは楽ちんでいいですね。

 

 

◎固形石鹸シャンプーやり方・使い方は?

「石鹸をシャンプーに使う…」

「どうやって?」

 

と、思いますよね。

手で泡立ててから頭に乗せるの?とか。

 

実は使い方もすごく簡単で、髪の毛に直接石鹸をつけて泡立てるだけ。

 

泡立ちが悪ければ水を足す。

これだけで頭皮までしっかり、簡単に洗えてしまいます。

 

 

 

 

どんな固形石鹸がシャンプーにおすすめ?

ラッシュやエティークでは、「シャンプー用の固形石鹸」が販売されています。

 

 

 

 

 

 

でも、もっと簡単に固形石鹸シャンプーを楽しみたい場合。

市販のどんな石鹸でもシャンプーとして使えるのでしょうか?

 

おそらく、何を使っても髪を洗うだけなら、問題は無いと思います。

ただ、頭皮にも髪にも優しいものを選びたいなら「素肌に使って肌荒れしない」石鹸がおすすめです。

 

具体的には…

 

☑ 牛乳石鹸

☑ マルセイユ石鹸

 

など。

 

シャンプーは毎日のことなので、ドラッグストアで買えて、なおかつ素肌に優しいとなると、上記2種がおすすめです。

 

また、頭髪に石鹸の匂いが残りやすいので、香りのいい固形石鹸をシャンプーとして使うとさらに◎

 

 

 

では、ここまで石鹸をシャンプーとして使うメリットをご紹介しましたが、ここからは、石鹸をシャンプーにするデメリットをご紹介します。

 

 

固形石鹸をシャンプーとして使うデメリット

固形石鹸で洗った後の頭皮のすっきり感は最高です!

が、洗い上がりの髪のケア…これが、結構しんどいです。

 

 

髪がキシむ

石鹸の泡を流した後はどうしてもキシみます。

これはもう、、、しょうがないんですかね~(涙)

 

なのでロングだと洗った後の処理が結構大変です。

 

 

クエン酸リンス必須

で、固形石鹸でシャンプーすると、ナゼ髪がキシむのか?

答えは頭髪がアルカリ性に傾くからです。

 

そのアルカリ性に傾いた髪を酸性で中和する必要があります。

その際、必要になるのが「クエン酸リンス」または「クエン酸トリートメント」

 

材料はこんな感じです↓

 

・水300ml

・クエン酸大さじ2~3

 

上記をしっかり溶かして出来上がり。

 

ただ、このリンスをそのまま使うと成分が結構きついです。

(傷にかかるとかなりしみます。)

 

なので、お湯を張った洗面器に「クエン酸リンス」を大さじ1~2程度入れて使います。

 

これでキシキシの髪が指通りよく整います。

 

この後、さらに通常のトリートメントをしておくと、髪がツヤツヤになりますよ!

 

 

毎日となると…石鹸シャンプーは結構大変

上記のように、固形石鹸シャンプーは、洗った後のケアが結構大変で、しかも重要です。

なので、時間が無い時や朝シャンには向いていません。

 

頭皮がすっきりして気持ちがいいものの、毎日となると結構たいへん。

汗をかいた時や、週に2~3回など、限定して使うと無理なく続けやすいです。

 

 

まとめ

以上が、固形石鹸をシャンプーとして使うメリットとデメリットでした。

正直、固形石鹸シャンプーは、洗う心地も、仕上がりもすっきり爽快でかなり気に入っています。

 

でも!

洗った後のケアが結構面倒くさい。

なので、毎日となると結構たいへんです。

 

最近では、シャンプー専用の固形石鹸も販売されているので、そういうものを使うともっと簡単かもしれません。

 

固形石鹸シャンプーを試してみたいあなたは、まずは週に2~3回。

頭皮のディープクレンジングとして使ってみるのがおすすめです。

 

本当に、ニオイやベタつきから開放されて気分も爽快ですよ!

 

 

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました