こたつの良さは想像以上 買って本当に正解でした

四季と健康

こんにちはハトムギ(@hatomugi_bikatu)です。

最近こたつを買ったので、今回は「買って良かった!こたつのメリット・デメリット」をご紹介いたします。

実は私の住んでいる北海道ではこたつはあまりメジャーな暖房器具ではありません。いざこたつを買おうと思っても、初期費用もかかりますし、場所もとるので、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

でも買ってみて大正解。今では毎日こたつでぬくぬくすごしています。この記事ではこたつを実際に使ってみて感じた良いところ、悪いところをご紹介いたします。

こたつの初期費用や電気代はもっと詳しくご紹介しているサイトがありますので、今回は割愛いたします。では、まずはこたつの良さを見ていきましょう。

 

 

こたつの良さ・メリット

では早速、実際にこたつを買って実感した、こたつの良さ・メリットをご紹介します。

 

足があったかい!冷え性に最高

直球すぎる感想です(笑)

 

冷え性にとって、冬の床の寒さは大敵です。

頑固な冷え性の私は、一度足が冷えると温まるまで相当な時間がかかります。お湯をかけようが、カイロを当てようが、足が凍ったのかと思うほど永遠に冷たいままです。

 

足を冷やさないよう、厚手の靴下を履くなど、冬場は特に注意をしているんですが、まったく効果がありません。冬場は、一度足が冷えるともう温まらない。ここまでくると「自分はもしかして変温動物なのでは?」とさえ思ってきます。

 

そんな冷え性の人にとって、こたつはまさに「救世主」

あの、冬場の氷のように冷たい足から開放してくれます。じわりじわりと温めるので、足の暖かさも継続します。こたつに入れば、足はあったかいのに、頭はひんやり。冷え性でも、冬の寒さを快適に過ごすことが出来ます。

 

 

光熱費節約

冬場、北海道の光熱費はバカになりません。灯油代、ガス代など、光熱費は夏場の倍以上かかってしまいます。

 

なので、一人暮らしの時なんか夏場にある程度お金を貯めて冬場の暖房費に当てていました。まるで冬眠する動物のようです。

 

実は今回こたつを買ったのは、このバカ高い光熱費を節約するためでした。

こたつって実は電気代がすごく安いんですよね。(1時間あたり5円かからないくらい)こんなに安く暖をとれるとは知りませんでした。

 

さらに、実際使ってみて感じたのが、「下半身を温めると部屋の温度をそこまで上げなくてもあったかい」ということ。足とお腹がポカポカしているので、部屋の温度はむしろ低いくらいのほうが快適なんですよね。

 

なんだか冬の露天風呂みたいです。こたつで体は暖かく保てるので、今年はストーブの活躍を抑えられそうです。

 

 

部屋が乾燥しない

こたつにしてから部屋の乾燥が酷くならないです。ストーブだと、温風で室内を温めるのでどうしても部屋が乾燥する。しかも、寒いと外の空気も乾燥しているので、暖房と自然乾燥で冬の室内はいつもカラカラ。

冬場は、風邪・インフルエンザが流行る時期でもあるので、出来るだけ部屋の湿度は保っておきたいですよね。

 

こたつは「こたつの中」だけ温める構造なので、部屋が熱風によって乾燥するということがありません。ストーブの時はいくら加湿器をつけても乾燥していた室内ですが、こたつにしてからは小さい加湿器一つで部屋の湿度を快適にキープすることが出来ています。

 

加湿器が小さい分、掃除も楽になったので本当にこたつ様様です。

 

 

以上が、実際にこたつを買ってみて感じた良さ・メリットでした。

では、次に、こたつを買ってみて感じた不自由さやデメリットをいくつかご紹介します。

 

 

こたつ買ってみてわかったデメリット

こたつのテーブルが熱くなる

こたつの温度設定を「高温」にした時だけですが、こたつのテーブルが結構温かく感じました。

へたにチョコレートとか置いておいたら溶けるのではないか?と思うくらいです。こたつは普段、食事をするときにも使うので、溶けやすい、痛みやすい食品を置くときには注意したほうがいいかもしれません。

 

 

こたつ布団の洗い方

自宅でも洗えると思っていたこたつ布団ですが、大きさも重量も結構あるので、コインランドリーじゃないと難しいです。

こたつは居間で使うのでどうしても食事をこぼしてしまったり、こたつ布団は汚れることが多いです。汚れる割に洗濯しづらいというのはこたつのデメリットと言えそうです。

 

以上がこたつのデメリットでする。2つほど無理やり上げましたが、正直、今の所こたつのデメリットというのはほとんど感じていません。それくらい、快適で使い心地もいいです。

 

 

結論 こたつは買って大正解

こたつはそんな安いものではないです。初期費用もかかりますし、場所も取ります。

私は今まで家にこたつがなかったので、買う前は「買ったは良いけど、本当に使うんだろうか?」と心配も大きかったです。

 

こたつの中が熱すぎて火傷することはないのか?

 

こたつの中で寝たら脱水症状をおこさないか?

 

布団をかけるんだから、部屋が埃っぽくならないか?

 

などなど。

 

ですが、実際に使ってみると心配以上に使いやすさのほうが勝りました。しかも、懸念していたような事態も起きていないです。

 

こたつって、なんというか、温泉に入っているような気持ちよさが味わえますね。

 

 

 

まとめ こたつで節電と寒さ対策

以上、こたつを実際に買ってみて感じた良さについてでした。本州と違って、北海道はなかなか家庭にこたつが根付いていません。

 

理由はわかりませんが、こたつだけだと、北海道の寒さを越すのが難しいからかもしれません。

 

実際に買ってみて思ったことは、こたつとなにか他の暖房器具を組み合わせることで、光熱費を削減出来るということ。

 

人間、足とお腹があったかいとすごく快適なこともわかりました。

北海道にももっとこたつが広まればいいのになと、思うのでした。

 

この冬はこたつに籠もってぬくぬくですごしたいと思います。

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました