【問題なし】食用ココナッツオイルを使ったおすすめスキンケア4選

オイル

「食用ココナッツオイルはスキンケアに使っても問題がないの?」

 

美容専用ならまだしも、“食べるため”のオイルを肌につけるのって抵抗がありますよね?

精製度の低いオイルなら、肌荒れの心配はないの?

 

などなど…。

 

そんな心配をよそに「食用ココナッツオイルはマッサージにスキンケア、クレンジングにも使える」評価ですし、海外セレブにもファンが多いとか…。

 

そこで、ものは試しと3ヵ月ほど「食用ココナッツオイル」をスキンケア用に使ってみました。

これが、使い勝手もコスパもよくてすばらしい!

 

この記事では、ココナッツオイルを使ったおすすめのスキンケアとココナッツオイルのもつ効果をご紹介します。

 

大容量でコスパよし、食用・美容どちらにも使えるココナッツオイルは一家に1個あるとかなり便利ですよ。

 

【この記事でわかること】

✔ココナッツオイルおすすめの使い方

✔ココナッツオイルの効果

 

 

食用ココナッツオイルを使ったスキンケアおすすめの方法4選

1位 ボディケア

食用ココナッツオイルを使ったおすすめのスキンケア使い方第1位は「ボディオイル」として使う方法です。

保湿効果が高いのに肌なじみがいいので、スキンケアをした後に服を着てもベタベタしません。

体に塗ると、ほんのりとしたココナッツの優しい香りがするのもいいですね。

また、ココナッツオイルは常温で個体なので、取り出しすぎる心配もなく、ボディークリームとしても扱いやすいです。

 

「食用ココナッツオイルを塗って肌荒れしないの?」

 

と、こちらの気になるポイントですが、3ヶ月使った現在、肌が赤くなったり痒くなったりということはありませんので安心して使っています。

(あくまで私の場合。)

 

それどころか、ココナッツオイルはボディオイルとして使いやすいポイントいっぱいなので、かなり重宝しています。

 

ポイント!

✔常温固形物で使いやすい

✔高保湿、なのにベタつかない

✔ほんのりココナッツの香り

 

いままでニベア、ロクシタン、ボディーショップと様々なボディークリームを使ってきましたが、コスパ・使い心地・保湿力と、総合的に判断すると「市販のボディークリームはやめて、ココナッツオイルだけで充分では?」となりました。

 

コスパもいいし、本当に使いやすいんですよね~。

 

「ココナッツオイルをスキンケアで試してみたいけどちょっと不安」

という方は、まずはボディオイルとして使ってみるのがオススメです。

 

 

 

 

第2位 マッサージ

食用ココナッツオイルは他の美容オイルと比べて安価&大容量です。

なので、オイルを大量に消費するマッサージの時もケチケチせず、たっぷり使えていいです(笑)

 

しかも、固形なので「やばい、オイル出しすぎた…」なんてこともなし。

適量を調整しやすいのも、ココナッツオイルがマッサージに使いやすいポイントです。

 

「ちょっと足のむくみが気になる」

「肩が凝って痛い」

 

こんな時もココナッツオイルなら、ささっと取り出せて、ちょっとマッサージ、と、使いやすいです。

 

また、テクスチャーは軽めなのでマッサージ中もさらさらとした使用感。

 

肌への馴染みもいいので、マッサージ後も軽くタオルで拭くだけで肌にしっとりと馴染んでくれます。

 

さらに、優しいココナッツの香りは、マッサージ中のリラックス効果を高めてくれそうなのもポイントです!

 

ココナッツオイルをスキンケアで使うなら、大容量で安価な点を活かし、マッサージオイルとして使うのもオススメです。

 

もちろん、私の場合は、この使い方でも肌を荒らしたことはありません。

 

 

第3位 メイク落とし

ココナッツオイルはクレンジングとしても使いやすいです。

実はメイク落ちがすごくいいんですよね。

 

メイクとの馴染みもよく、香りもいいので顔に使うメイク落としにもおすすめです。

 

オイルなので、洗顔後も肌もしっとりしているのが嬉しいです。

 

使い方はこんな感じ。

 

●・ココナッツオイルでメイク落としの方法・●

1.固形のココナッツオイルを手に取り、液状になるまでしっかり温めます。

2.液状になったらメイクに馴染ませます。

目元のメイクも少し時間をかけるとしっかりなじみます。

3.メイクに馴染んだあとは、もこもこに泡立てた洗顔石鹸でオイルとメイクを一緒におとしていきます。油分が落ちづらいので注意。

4.顔を洗ったあとは、化粧水で肌を整えて完了!

 

オイルなので洗顔後、洗面所や風呂場がギトギトになるのが欠点です(笑)

掃除がね、大変なんですよね…。

 

この欠点さえなければ、メイク落としはココナッツオイルだけでも充分と思うくらい、メイク落ちがいいんですよね~。

 

メイクを落としたあと肌が荒れることもないですし、ココナッツの香りも癒されていい感じです。

 

メイク落としを切らした時、代替品として使っています。

 

 

 

第4位 リップケア

ココナッツオイルは食品なので唇のケアにも使いやすいです。

万が一食べても“体にいい”ところが嬉しいですよね。

 

固形なので小さい容器に入れれば持ち運びもできます。

ちょっと乾燥が気になった時に唇に塗っておけば保湿になります。

 

 

 

番外編 ヘアケア

これはまだ試したことがないので番外編としてご紹介します。

ココナッツオイルは頭皮マッサージや、洗い流さないトリートメントとしても使えます。

 

適量のオイルで頭皮をマッサージすれば血行もアップして、抜け毛予防や美髪に。

お風呂あがり、水気を取った髪に少量を馴染ませればトリートメントに。

 

 

 

常温固形のココナッツオイルはスキンケアにぴったり!

以上、食品ココナッツオイルで出来るスキンケア方法についてでした。

 

ココナッツオイル1瓶あれば全身に使えて本当に便利なんですよね~

 

そしてなんといっても、「常温固形」というのが本当に使いやすい!

 

同じ「常温固形オイル」にはシアバターもありますが、シアバターよりココナッツオイルのほうが扱いやすいです。

 

シアバターは溶けるのに結構時間がかかるのですが、ココナッツオイルは手のひらの温度ですぐさま液体に。

 

忙しい朝でも時間をとられないのでケアしやすいです。

 

 

食用ココナッツオイルで肌荒れしないの?

※画像をクリックするとAmazonに飛びます

ここまで、食用ココナッツオイルを使ったスキンケア方法をご紹介しました。

 

そこで、肝心の「肌が荒れないか?」という点ですが、私の場合、3ヶ月近くボディーケアに使っていますが、はだが赤くなったり、痒くなったりということはありませんでした。

 

また、使っているものは「ヌティバ(Nutiva) オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル」です。

純度100%(マーガリンとか入ってない。)なので、肌にも使えて安心です。

 

アイハーブの使用説明欄には「肌のケアやマッサージにも」と記載もありますよ。

 

 

食用ココナッツオイルをスキンケアで使う時の注意

ただ、食用のココナッツオイルをスキンケアに使う場合は、100%ココナッツオイルだけか?という点に充分注意してくださいね。

 

味を調整するために、砂糖や他の油が入っている場合もありますので、「うちの食用ココナッツオイル、純度100%かわからない!!」なんて場合は、こんな感じの↓スキンケア用のココナッツオイルを使うのが安全です。

 

 

 

あくまでも、「食用ココナッツオイルを肌に使っても問題がないか?」という好奇心で始めてみたものなので、肌が弱いけど、ココナッツオイルの美容効果に興味がある方は、始めから精製されたスキンケア専用のものを使ったほうが安全ですね。

 

また、食用ココナッツオイルは未精製のオイルなので肌の弱い方はボディー用でもちょっと様子を見ながら使ったほうがいいかもしれませんね。

 

ちょっと匂いが甘すぎるので顔のスキンケア用にはメイク落とし以外には使っていません。

 

 

ココナッツオイルの美容効果って?

メイク落としに保湿、マッサージと1瓶あれば全身のケアに使えるココナッツオイルですが、具体的などんな美容効果があるのでしょうか?

 

ここではココナッツオイルで特に注目の美肌成分についてご紹介します。

 

 

ラウリン酸

「ココナッツオイルと言えばラウリン酸!」と思う人も多いのではないでしょうか?

ラウリン酸は母乳にも含まれ、食べれば免疫力アップも期待できる自然な成分です。

抗菌効果があるため、ココナッツオイルの肌への効果としてはこれらのものが期待できます。

 

✔ニキビの予防

✔抗菌効果

✔こう炎症効果

 

 

ビタミンE

抗酸化作用に美白効果など、アンチエイジング効果が高いです。

「若返りのビタミン」とも呼ばれている肌に嬉しい成分です。

 

この他にも、ココナッツオイルは酸化がしにくいオイルなので、食べる場合も肌に使う場合も使いやすいオイルと言えます。

 

 

まとめ

以上が、食用ココナッツオイルを使ったおすすめスキンケアと使う時のポイントについてでした。

食用ココナッツオイルを使う際は「純度100%のものか?」をしっかり確認してくださいね。

もし、成分がよくわからない、はだが弱いなど、不安がある場合は出し惜しみせず、スキンケア用のココナッツオイルを使うのが無難です。

私の場合、食用のココナッツオイルをボディケア中心に使っていますが、肌も潤うし、申し分なく使えています。

もし、「食用ココナッツオイルをスキンケアに使ってみたいけど大丈夫かな?」と思っているなら、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました