【北海道】ガラナの効果・効能とは?【ソウルドリンク】

食べることと健康

北海道ではおなじみのガラナ。真っ黒い炭酸の液体は一見コーラのようですが、味はちょっと独特の薬っぽさがあります。疲れた時、リフレッシュしたい時飲みたくなる「ガラナ」飲料ですが、調べてみると意外なほどの効果・効能を確認することが出来ました。

 

このレポートでは、ガラナとはそもそも何か?また、ガラナの効果・効能、北海道で買えるおすすめのガラナ飲料についてまとめています。

 

 

ほっかいどうくん
ほっかいどうくん

ガラナの魅力をご紹介します!

 

 

 

北海道のソウルドリンク ガラナとは?

北海道では炭酸飲料でお馴染みの「ガラナ」

コーラのような見た目だけれど、味はだいぶ独特な薬っぽさと甘さ。

これがクセになる、また飲みたくなる美味しさです。

 

ガラナの実の特徴

※画像はクリックするとAmazonに飛びます!

このガラナは植物の実から抽出したエキスを入れて作られていますが、実は「ガラナの木」はアマゾン川流域が原産地なんです。

 

また、ガラナと言えばスキマスイッチさんの歌を思い出す人も多いことと思います。

 

「最高潮の恋は熱く実って君の中で弾けるんだ~♪」

 

…というこの歌詞がまさにガラナの特徴とも言えます。

 

 

ガラナの実は熟れると弾けて中の種子が飛び出します。赤い果実から白と黒の種子が露出している様は目玉のようでちょっと不気味でもあります(笑)

 

ただ、このインパクトのある見た目と効能から、原住民の間で伝説的な果実としてガラナは広まっていったようです。

 

 

 

ガラナ飲料はブラジル原産

また、ガラナエキスを利用して作られた「ガラナ飲料」の原産はブラジルとのこと。

ブラジルではコーラ類と並ぶ国民的ソフトドリンクのようで、サッカーブラジル代表の公式飲料としてガラナが採用されているようです。

 

 

「コーラ類と並ぶ国民的ソフトドリンク」とありますが、実は、ガラナが人気の北海道も似たような状況です。

北海道も南の方だとガラナの工場もあるため、ガラナは定番の炭酸飲料です。

 

今でも「コーラ?ペプシ?いやいや、やっぱりガラナでしょ!!」という方もおおいんですよ。

北海道では定番中の定番のソフトドリンクと言えます。

 

 

ほっかいどうくん
ほっかいどうくん

函館市の近郊七飯町にガラナの工場があるよ!

 

 

 

原産地でのガラナの利用方法

なんとなく疲れたら飲みたくなるし、味的にも体力を回復してくれそうなガラナ飲料ですが、実はガラナの効果や効能は詳しく知りません。

 

果たしてどんな効果があるのでしょうか?

北海道民の筆者がガラナの効果を探ります。

 

 

ガラナは先住民の間では薬として使われていた

調べてみると、ガラナは現地先住民の間では薬として利用されていたそうです。

利用法としては、

 

・興奮剤

・鎮痛剤

・下痢の治療

 

が主だったようです。

 

 

ガラナチョコ?

また、ガラナについて調べていると「ガラナチョコ」という名称がヒットします。

 

現在このようなチョコは販売されていません。

ので、恐らくこの先住民の使い方(種子を粉末にしてチョコレートのように利用していたとのこと。)と、漫画(GTO?作者:藤沢 とおるさんは北海道出身)の影響が大きいと思います。

 

「ガラナと言えばチョコレートで有名ですが…」で始まるサイトが多いですが、残念ながらガラナチョコレートは北海道でも見たことがなかったです。

ガラナのキャラメルやソフトクリームならありますよ!

 

 

ねこさん
ねこさん

ガラナソフトは七飯町の道の駅で食べられるにゃ!

 

 

ガラナの効果・成分

では、具体的なガラナの効果を見ていきます。

 

興奮作用

これは、ガラナから発見された「ガラニン」という成分によるものです。「ガラニン」は後に「カフェイン」と同様の物質であることがわかります。(文献により、ここは表現が曖昧。)

 

また、ガラナに含まれる「テオブロミン」という成分も神経の興奮や、利尿剤として用いられています。

 

原住民の利用方法として「興奮剤」とありましたが、これはガラナの「ガラニン」「テオブロミン」によるものですね。

また、北海道民の私は「なんか疲れたしガラナ飲みたいなぁ」となるのも、カフェインやテオブロミンの効果を実感していたからかもしれません。

 

また、ガラナに含まれるカフェインはコーヒーなどに含まれるカフェインと違い、作用が穏やかであることも特徴の一つです。

 

 

むくみ防止

上記で説明したカフェインの効果から、ガラナには利尿作用もあります。

利尿作用で体内の余分な水分を排出し、むくみの防止も期待出来ます。

 

 

鎮痛効果

1997年、2001年に行われた研究で、ガラナには痛みを沈める効果が確認出来たようです。これは、頭痛だけでなく、腰痛やリューマチにも効果が認められました。このため、先住民の使い方は正しかったようです。

 

 

記憶力向上

1997年に行われたネズミを使った実験では、ガラナに記憶力の向上・維持、物忘れの防止効果が認められています。

 

 

抗酸化作用

ガラナは低濃度でも抗酸化作用があるとのこと。これは、ガラナに含まれるタンニンという成分によるものです。

 

 

ほっかいどうくん
ほっかいどうくん

ガラナにはたくさんの効果があるんですね!

 

…このように、調べてみると実はガラナにはすごい効果が沢山ありました。ただ、ガラナの文献というのがなかなか見つからず、効果・効能はわかっても成分名まで出ているものは少ないのが現状です。

 

面白いのは、ガラナのカフェインは、コーヒーよりも穏やかに作用するところ。カフェインによって作用に差が出るのには驚きました。

 

また、ガラナのカフェインが穏やかに作用するため、中毒性が低く、安全に摂取することが出来るとのこと。

 

北海道旅行では、是非ガラナをお供にしてくださいね。

 

 

北海道でガラナが人気の理由

最後に、なぜ北海道だけ、ガラナがここまで人気があるかについてです。

どの程度ガラナが人気かというと、スーパー・コンビニではガラナが必ず売られている程度に人気です。

 

これ、調べてみると、北海道は本州と比べて「コカ・コーラ」の普及が遅く、その間にガラナが広まり、定着していったようです。

 

 

ねこさん
ねこさん

試される大地 北海道!

 

コカ・コーラの普及により、本州では中小の飲料メーカーが廃業する中、北海道では今でもガラナを作る中小企業が生き残っています。

また、大手飲料メーカーも「北海道限定」でガラナを販売しているんですよ。

 

当時のコカ・コーラとガラナの普及について、ちょっと面白い文章を見つけたので、そのまま記載します。

 

 

昭和6年創立者小原三次郎氏が製造免許を受け森町に果樹酒の製造を開始、昭和24年清涼飲料の製造を開始し昭和25年に清涼飲料部門を株式会社組織となりました。昭和30年代前半にコカ・コーラが日本に上陸したことから、全国の中小の清涼飲料水メーカーは全国的に統一銘柄を作ることを考え、昭和35年には、全国清涼飲料協同組合連合会の統一マーク商品として「コアップガラナ」が発売されました。

 

当時ブラジルでコーラが大苦戦し圧倒的にガラナ飲料がシェアを持っていたことにヒントを得てブラジル大使館の協力の下、ガラナ飲料の開発に至ったのでした。

 

北海道では本州に比べてコーラの進出が2~3年遅れたこともありその間に「コアップガラナ」は北海道に定着。ブラジル生まれのガラナは今ではすっかり北海道・函館の味として人気となっています。また、ガラナは神経衰弱、疲労回復、スタミナ増強、肥満予防、動脈硬化に優れているといわれ、健康に関心が高まる昨今、天然素材を使った健康飲料としても注目を集めています。

『引用元:www.motto-hakodate.com/obara

 

北海道でガラナを買うならこれがおすすめ

では、実際に北海道でガラナを買うならこれがおすすめというものを3つほどご紹介します。

 

小原 コアップガラナ

ガラナと言えばこれ!というくらいメジャーなガラナ飲料です。先程ご紹介した、「コカ・コーラに負けず生き残った中小企業」の代表とも言えます。筆者も一番好きなガラナです。ガラナと言えばコアップガラナ!

 

 

 

キリン ガラナ

実は大手飲料メーカー「キリン」でもガラナを販売しています。しかもこちらは北海道限定です。キリン公式サイトでは「1982年の発売以来親しまれている」とありますが、なぜ大手メーカーでガラナを販売しようと思ったのかまでは調べが付きませんでした。コアップが売っていないお店でもキリンのガラナは買うことが出来ます。

 

 

 

セイコーマート ガラナ

北海道のご当地コンビニ「セイコーマート」のプライベートブランドのガラナです。

 

セイコーマートってなに?という方のために少し補足です。

セイコーマートは「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」と並ぶ道内では大手のコンビニエンスストアです。

 

北海道では「ファミリーマート」の進出が遅かったため、一昔まえだと、「セイコーマート」「セブンイレブン」「ローソン」が道内3大コンビニでした。北海道に特化した商品(食べ物がメイン)を安く買えるので旅行で立ち寄っても面白いと思います。

 

 

ほっかいどうくん
ほっかいどうくん

地元では「セコマ」と呼ばれています!

 

まとめ

北海道では定番のソウルドリンク「ガラナ」には実は様々な健康効果がある飲み物でした。カフェインによる覚醒作用や、記憶力向上、鎮痛作用、抗酸化作用と、調べてみると予想以上の効果があることに驚きました。

 

それもそのはず、ガラナの実は現地原住民の間では薬として利用されていた歴史があるからです。

 

まだまだ謎の多いガラナの効果ではありますが、北海道では昔から親しまれているソフトドリンクです。

 

北海道観光の際は是非一度ご賞味ください。

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました