絹(シルク)の手袋で手荒れ改善!おすすめ理由をご紹介します。

シルク手袋 エコシルク 手荒れ 体験レポート

嬉しいことに…

5年近く続いた手荒れが、シルクのお陰でやっと落ち着いてきました!!(涙)

 

病院にも行って、寝る前には綿の手袋を使っていたんですが一進一退を繰り返している状態。

 

それが!

 

絹(シルク)の手袋を使うようになってから、格段に手荒れがよくなりました。

 

 

こんにちは、(シルク)ブームのハトムギ(@hatomugi_bikatu)です。

 

この記事では、ナゼ絹(シルク)の手袋で手荒れが改善出来たのかをシルクの特徴を交えながら説明していきます。

 

この手袋の良さは、手荒れに悩んでいるみなさんに知ってほしいです。

是非、夜寝る時はシルクの手袋を使ってみてください。

 

 

5年近く続いた手荒れが絹(シルク)の手袋で改善!

アカギレが可愛く思えるほど、激しい痒みと痛みが続いた主婦湿疹。

 

私の場合、手荒れが悪化するのは決まって夜。

寝ている時の掻きむしりでした。

 

綿の手袋をしていても、外して掻きむしってしまう。

 

ちょっと良くなっては、寝ている間に手を掻きむしる。

この繰り返しで悪化が収まりませんでした。

 

 

夜中に手袋を脱いでしまう

痒くて手をかきむしる

手荒れ悪化

 

そんなこんなで、5年近く手荒れに悩んでいましたが…、

ついに!

負のスパイラルから抜け出せました。

 

そのきっかけとなったのが「絹(シルク)の手袋」です。

 

ちなみに、買ったのはこちらの手袋↓

 

 

見た目“軍手”笑 ですが、ワンコイン(送料込み)で手荒れの改善した優れものです。

 

では、何故絹の手袋で手荒れが改善するのか、

具体的な理由も説明していきます。

 

 

絹(シルク)の手袋が手荒れにおすすめの理由

絹の美肌効果もさることながら、絹の手袋は手触りが本当に気持ちいいです。

 

夜寝ているときに外さない

手荒れ改善、最大の理由がこれです。

絹の手袋は不思議なくらい、寝ているときに脱がない(外さない)んです。

 

木綿や綿の手袋って、寝ている時、いつの間にか外しちゃってるんですよね(汗

肌触りはいいものの、肌にとっては異物感が強いんでしょう。

 

絹はヒトの肌と近い素材と言われています。

(構成するアミノ酸が似ている)

 

参照: https://www.rakuten.ne.jp/gold/silknoheya/contents/silk/know.htm

 

実際に絹の手袋をつけてもらうとわかりますが、ずっと触っていたいほどほわほわっと、気持ちがいいです。

 

で、これ、楽天の口コミにも同じことが書かれています。

 

乾燥でスーパーのレジ袋さえ開けられない手になってしまいました。

夜保湿のためにこちらの手袋をはめて寝ると、8割方朝まで脱げずにそのままです。

夜の手袋は大抵朝なくなっているのですが、こちらの手袋は私に合っているようです。

国産シルクの手袋を、こんなにお安く買えて満足しています。

引用:こぐりっこさんの口コミ

 

 

朝までぬがない

綿の手袋はどんなに薄手でも朝には無意識に脱いでいましたが、こちらは寝起きもしっかり着用していました。タッチパネル対応じゃないのでベッドでスマホをいじることがないためか寝付きも良くなりました(笑)

引用:購入者さんの口コミ

 

 

寝ているときも違和感なくつけられる。

だから、掻きむしりで手を荒らす心配がない。

 

絹の手袋おすすめのポイントです。

 

 

肌がしっとりする

夜寝る前に絹の手袋をするだけで、何もしないよりも手がしっとりします。

 

ハンドクリームを塗れって手袋をつければさらに潤いのある手に。

 

実は絹自体に、保湿・保温効果があり、いつでも肌を常に快適な状態に保ってくれます。

 

なので、乾燥による手荒れを防いで、手袋による蒸れを防止。

 

絹の手袋をするだけでも手の肌がイキイキするのがわかります。

 

 

手触りが気持ちいい

絹の手袋、なんと言っても手触りが気持ちいいです。

 

手を守るために綿の手袋も使ってきましたが、あくまで手の保護がメインといった感じ。

 

それに比べて、絹の手袋は「肌触りが気持ちいいからいつまでもつけていたい!」と思うほど。

 

手荒れの為に、「嫌々」つけるのではなく、「きもちがよくて」つけられるのは本当にうれしいです。

 

見た目“軍手”ですが、手につけるとしっとりふわふわ・もふもふしてて癒されます

 

動物を撫でてるときと近い感じ。

 

やっぱり“好き”で使い続けられるのはメリットです。

 

 

 

こんな感じでまとめると、絹の手袋は…

 

✓夜に脱がない!

✓肌が潤う!

✓触ってるだけで気持ちいい!

 

と、今までの“夜つける手袋”の常識を変えてくれました。

 

もう、買った次の週には洗い替えをリピートするくらい気に入りました(笑)

 

 

では、次に5年後しの手荒れを克服した、手荒れ対策&絹手袋の使い方です。

 

 

手荒れ対策 絹の手袋の使い方

※画像はクリックすると楽天に飛びます!

 

対策と言っても、そんな大したことはしていないんですけどね…(笑)

それでも良くなったのは、シルクのお陰だと思います。

 

 

夜寝る前は必ず手袋をつける

手荒れが悪化してしまう原因の1つが、夜のかきむしりです。

 

なので、夜寝る前には必ず絹の手袋をして寝てます。

 

痒みや傷がない場合は、ハンドクリームを塗ると、翌朝さらに肌がしっとりしますよ。

 

 

日中も絹の手袋

日中も出来るだけ絹の手袋をするようにします。

 

刺激から皮膚を守るだけでなく、絹には保湿効果や保温効果もあるからです。

手荒れが酷い時は、出来るだけ肌へのストレスを減らすようにする。

 

 

たってこれだけですが、手荒れが一気に改善しました。

 

 

では、そもそも絹ってなんでそんなに肌にいいのか?

絹の効果もみていきましょう。

 

 

絹の効果って?

絹は18種類のアミノ酸を含むたんぱく質からできています。

これ、人の皮膚の構成と、すごく近いんです。

 

なので、肌にとって絹は皮膚みたいなもの。

素肌に馴染んで、トラブルをおこしにくいんです。

 

さらに穏やかな角質ケア効果もあるので、肌のターンオーバーをサポートしてくれます。

 

この他にも、

 

・UVカット効果

・抗菌効果

・保湿性

・吸湿性

・保温性

・冷却性

などがあり、肌を守り健やかに保つのにぴったりな素材なんです。

 

詳しくはこちらの記事も御覧くださいね↓

 

 

 

エコシルク手袋はたったのワンコイン

で、今回私の買ったエコシルク手袋ですが…

 

✓シルク100%

✓日本製

✓420円(税込み)

✓メール便送料は160円。

 

送料込でもワンコインとちょっとで買えてしまうんです。

 

 

 

 

“絹(シルク)”ってすごく高級なイメージありませんか?

 

それが意外と、見た目にこだわらなければ、お得な絹製品って多いんですよね。

 

これも、表面に光沢の加工をしていないくず絹だから、お手頃価格で買えちゃいます。

 

お手頃価格だろうが、くず絹だろうが、シルクの美肌効果に変わりはなし!

肌が潤って、激しい手荒れが落ち着いたんで本当にうれしいです。

 

お値段以上に働いてくれるので、手荒れに悩んでる方には本当におすすめしたい商品です。

 

 

滑らかな表面のシルク手袋と、こちらのエコシルク手袋、両方購入しました。 エコシルクはとてもお値打ちだったのでダメ元で買ってみたのですが、全く問題ない品物でした。 ザラザラゴワゴワした軍手のような手袋を想像していましたが、実際は、滑らかではないものの、想像したほどゴワつきませんでした。アトピー持ちですぐに痒みが出るのですが、痒くなることもなく着けていて気持ちのいい生地です。 寝る時にハンドクリームをたっぷり塗ってからこの手袋をして寝ると、翌朝しっとりしています。 良いお買い物が出来ました。

引用:manbo1813さんの口コミ

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました