虚弱体質を変えることは出来るのか

健康雑学

「顔色悪いけど大丈夫?」「細すぎて心配になる…」「朝機嫌悪いよね」

…虚弱体質の辛さは虚弱体質にしかわからないと思います。

 

万年病弱、体力ない、太りたくても太れない。

とにかく「元気なさそう」が定番です。

 

 

虚弱体質を変えることはできるのか

そんな私が健康になりたくて試したことをまとめます。

 

今まで試した健康によさそうなことは数知れず…

お灸に青汁、漢方にツボ押し、ストレッチ、ヨガ、瞑想、サプリメント…

とくにかく、健康になりそうなことはなんでも試しました。

 

なのに、「虚弱体質」だけは一向に改善しない。

ナゼなのか?

 

「虚弱体質 改善」と調べても出てくるのは、サプリメントやハーブティーなど。

 

そう。

 

私は重大なことを見落としていたのです。

 

 

体力をつけること

 

 

…ナゼ、今までこれに気づかなかったのだろう?

 

健康そうな人ってみんな中高で運動部だったり、大人になってもジムに通ってたりするじゃない。

 

私はどうよ?中高は地学部と生物学部だよ?そりゃあ、体力なんてつく暇なかったでしょ。

 

そう。

 

すべては体力があれば解決するのではないか?

 

と、最近思ったのです。

 

 

虚弱体質だと辛いこと5選

では、漢方薬は更年期障害用を処方された(20代後半)私が、虚弱すぎて辛かったことをご紹介します。

きっと虚弱体質の人なら共感していただけるはずです。

 

友達と遊べない

同年代の友達より、圧倒的に体力がない。

なので、ちょくちょく休憩を挟まないと、まともに遊べない。

 

オール・徹夜なんてもってのほか。

体力なさすぎて周りに迷惑がかかるので、だんだん人と遊ばなくなります。

 

 

「なんか前より痩せた?」

これ。

久しぶりに人と会う度に言われる台詞(せりふ)。

 

そんなに痩せまくってたら骨になるわ。

「今日顔色悪いね。」「具合悪そうだけど大丈夫?」も定番です。

 

 

常にどこか痛い

体調が良すぎると不安になる。

それくらい常にどこかしら痛い。

 

頭痛を筆頭に、腰痛・生理痛・謎に体がつりやすいなど、常に痛みと戦っています。

鎮痛剤は必須。

 

 

無理をすると寝込む

体力がないので無理がききません。

無理すると頭がガンガンしてきて、耳鳴りもしてきます。

 

視界もぼやけてくるので早々に家に帰って寝ます。

 

 

生きるだけで精一杯

本当にこれなんですね。

体力のストックがないと、その日の疲れをその日の内に解消するのが精一杯。

 

何かチャレンジしたくても体がついてこない。

若いのにこの調子なら将来どうなるよ。

 

 

運動にどれほどの効果があるのか?

では、体を動かすことでいったいどんな効果があるのでしょうか?

 

【定期的な運動で得られる効果・メリット】

・スタイルの維持

・体力の向上

・心肺機能の向上

・疲れにくくなる

・筋肉量の向上

・生活習慣病予防

・加齢に伴う生活機能低下の予防

・腰痛、膝の痛みの軽減

・血行促進

・肩こり、冷え性の改善

・抵抗力を高める

・認知症の低減

・不定愁訴の低減

・気分転換

・ストレス解消

 

体を動かすだけで、これだけの計り知れない恩恵(おんけい)を受けられます。

どんなサプリメント、薬よりも効果があるのではないでしょうか?

 

「これでも運動しない理由ってあるの?」

 

 

 

結論 体力をつければ虚弱は変わるかもしれない

今まで「虚弱体質はどうしようもない」と思って諦めていた節があります。

でも諦めたらそこで終わりです。いつまでも体調不良のまま。

 

雪国なので運動しようにも、冬は外を走ったりできない。

 

仕事が忙しいから、体調悪いから、ジムにいくのはお金がかかるから、時間が取れないから……。

 

でも、もし、体力がつけばどうでしょうか?

ちょっとだけ頑張って運動して、元気になったら。

 

体力がつけばお金を稼げるかもしれない。

もっとお金を稼げたなら、自分のしたいことを心おきなく出来るかもしれない。

 

体力がつけば、些細なことでイライラすることも減るかもしれない。

もっと一日穏やかに過ごせるかもしれない。

 

そう、体力がない、虚弱体質の場合、体力さえつけばもっと可能性は広がるかもしれないのです。

 

健康診断でなんの問題もない。

どこの病院に行っても「異常なし」と言われる。

なのに、常に具合が悪い。どこか痛い。

「こんなに辛いのに異常がないほうがおかしい…。」

私はずっとそうでした。

 

でも、ちょっとだけ運動する習慣を取り入れたらやっはり調子がいい。

もしかすると「自分は虚弱体質だから…」と諦めていただけで、体力さえつけばどうにかなるのかもしれない。

 

そう思うと希望が持てます。

 

ちょっと頑張って体力をつけてみます。

 

 

続けるには続けやすいのが一番

運動にこれほど効果があるのに、続けられないのは環境に問題があるのかな?と思います。

例えばジムに入会しても、ちょっと遠いと行かなくなる。

 

なので、室内で運動できる方法がいいのではないかと思っています。

最近の運動器具はコンパクトで場所も取りません。

 

また、実はジムに通うより安上がりの場合もあります。

本格的なトレーニングが必要でない場合、まずは自宅で出来る運動を続けるのがおすすめです。

 

 

まとめ 

虚弱体質は正直辛いです。

子供の頃から体が弱いと、なかなか体力をつける機会にも恵まれません。

 

でも、体力さえつけば問題は解決するかもしれない。

アスリートの中にも体が弱いのを克服し、プロになった方もいらっしゃいます。

 

最初は3分でもいいから運動してみる。

ちょっと散歩、ラジオ体操、そんなくらいでいいと思います。

 

ちょっとの習慣を積み重ねること。

これで健康を手に入れたいと思います。

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

 

NEXT>>【脱・虚弱】体力をつけることで実感した変化5選

コメント

タイトルとURLをコピーしました