【有酸素運動】フィットネスバイクが運動嫌いにおすすめな理由6選

運動と健康

有酸素運動が健康にいいのは知ってるけど、外に出てまで運動するのって正直面倒ですよね。家にいながら、天候に左右されず、好きな時に運動をしたいならフィットネスバイクが1番おすすめです。

 

フィットネスバイクならわざわざ外に出なくても、有酸素運動が出来て、運動も習慣化出来きます。事実、運動習慣なし・運動がそこまで好きではなかった筆者も「週5日1回30分の運動」を1ヶ月間継続出来ています。

 

この記事ではフィットネスバイクが運動嫌いでも続けやすい理由と、有酸素運動を習慣化することでどんな健康へのメリットがあるかをご紹介しています。

 

フィットネスバイクなら有酸素運動を習慣化して、今より元気で体調のいい毎日を実現することが出来ますよ!

 

 

くまさん
くまさん

フィットネスバイクは意外と楽しいですよ!

 

フィットネスバイクが運動嫌いにおすすめな理由6選

家にいながら運動出来る

運動嫌いの人には、出不精(でぶしょう)の人も多いと思います。わざわざフィットネスジムに通うことや、外に出てウォーキングするのは面倒…。

 

私もそんなタイプです。

 

いざ外に出てランニングやウォーキングをしても、天候にも左右されるのでなかなか習慣化できないんですよね。まして北海道は冬も長いのでなおのこと。

 

フィットネスバイクなら、外に出る必要もないし、トレーニングウェアやシューズも必要ありません。もちろん雨でも風でも、家の中にいながら有酸素運動が出来てしまいま。

 

フィットネスバイクなら思い立ったらすぐに運動出来るから、有酸素運動を習慣化しやすいです。

 

 

運動を辞めたくなったらすぐ辞められる

外で行う有酸素運動のデメリットが「帰りたくてもすぐに帰れない」ことなんです。例えばランニングをしていて突然雨が降ってきたり、腹が痛くなったりしても、外だとすぐには帰れないですよね。

 

筆者はウォーキングもランニングもしていましたが、この「すぐに帰れない=すぐに運動をやめられない」のが結構辛かったです。

 

特に、腹が痛いとなったら、今すぐにでも横になりたいですよね。その点、フィットネスバイクは「運動が辛い」「体に不調が出た」時に即、辞めることが出来ます。

 

「ちょっと横っ腹が痛いわ」となったらフィットネスバイクから降りればいいだけ。自分の体調と相談しつつ運動を習慣化出来るのはフィットネスバイクの強みです。

 

 

ねこさん
ねこさん

おうちなら具合が悪くなっても安心にゃ

 

 

 

成果が目に見える

新たにいい習慣をみにつけようと思っても、なかなか習慣化出来ないのが成果が目に見えないからではないでしょうか?有酸素運動・ダイエットといった運動習慣も同じことですよね。

 

ちょっとの運動では、自分が「健康になった」のか、「痩せた」のかわからない。だから嫌になって辞めてしまう。フィットネスバイクには自分の頑張りが目に見える工夫がたくさんです。

 

【フィットネスバイクで見える数値】

・運動時間

・距離

・総距離

・カロリー

・速度

 

フィットネスバイクでは、常にこれらの数値が表示されています。フィットネスバイクのタイプによってはこの他に「心拍数」がみられるものもありますね。

 

運動した時間をみれば「これだけ頑張ったし、あと5分頑張ろう!」と思えますし、ダイエットに励む方ならもう少しで今日食べたショートケーキの「カロリー」を帳消しに出来るとなると、がんばるモチベーションになりますよね!

 

また、フィットネスバイクなら走った「総距離」もわかります。走った「総距離」を見ながら、今までの有酸素運動で自宅からどこまで行けるのかがわかるのも楽しいですよ。

 

筆者ならこの1ヶ月で「函館から札幌」まで行けるくらい走ったことがわかった時は結構な達成感がありました。努力が目に見えるのって嬉しいですよね。

 

ほっかいどうくん
ほっかいどうくん

函館~札幌間は310kmあります!

 

運動嫌いな方でも「もうちょっと!」と思える工夫が多いのもフィットネスバイクの魅力です。

 

 

 

 

動画を見ながら運動出来る

フィットネスバイクにはスマホやタブレットを置けるホルダーがついているものが多いです。なので、好きな動画を見ながら運動出来るんですね。

 

有酸素運動って、単調なものが多くて飽きるんですよね。例えば散歩やランニングをひたすら30分続けるのって結構しんどいです。特に、運動が嫌いだったら、最初、この30分は恐ろしく長く感じるはずです。

 

運動を習慣化し始めの頃は「え!こんなにクタクタなのにまだ5分しかたってないの!?」と何度挫けそうになったかわかりません。

 

そんな時でも、フィットネスバイクに乗りながら、スマホでYouTubeを見て挫けそうな心をだましだまし、頑張ることが出来ました。

 

運動しながらスマホで面白いYouTubeの番組なんか見ていると、結構時間がたつのがあっと言う間に。

 

「ながら運動ってどうなの?」という意見もありそうですが、運動嫌いが運動を習慣化させるには、運動の辛さに屈しないことです。そのためにも、何か楽しいことで気を紛らわせるのは大切です。

 

運動することにひたすら集中すると、時間の経過は恐ろしくゆっくりですが、動画で楽しみながらだと案外すぐに30分は経過しています。まずは「運動=辛くない」イメージを自分の中で作るためにも、YouTube見ながらの「ながら有酸素運動動」はおすすめです。

 

 

基本操作は自転車と一緒 新たに覚えることがない

自動車免許は持っていなくても、「自転車に乗ったことがない」人は少ないのではないでしょうか?フィットネスバイクは基本的に自転車が漕げれば運動出来ます。

 

また、フィットネスバイクだと、万が一自転車に乗れなくても固定されているのでなんとかなります。

 

新しい習慣を作る時、妨げとなるのが、「新たに知識をつけないといけない」ことですよね。人間は慣れ親しんだ習慣を変えたくないので、新しいことを覚えるのは意外とストレスだったりします。

 

その点、フィットネスバイクは誰でも乗ったことのある自転車の動きと一緒なので、新たに覚えることはありません。始めたいと思ったらすぐに始めることが出来ます。

 

 

 

 

運動強度を調整出来る

運動嫌いにフィットネスバイクがオススメなのが運動の強さを調節出来るからです。自転車にもギアがついていて、それを変えると自転車を漕ぐ時の重たさが変わりますよね。

 

フィットネスバイクにも同じように運動強度を変えるギアがついていますので、運動が苦手、体力がない初心者の方は強度「1」から。ある程度運動経験がある、体力のある人は「8」から、というように、自分にあった運動強度を設定することが出来ます。

 

また、同じ30分間の運動でも、運動強度1から始めて慣れてきたら2→3→4とレベルアップ出来るのもフィットネスバイクで長く運動を続けやすい理由でもあります。

 

 

くまさん
くまさん

ギアチェンジでレベルアップ!

 

 

有酸素運動はメリットが多いのでおすすめ

ここまでフィットネスバイクが運動嫌い、運動初心者にもおすすめの理由を書いてきました。なぜ。こんなにも有酸素運動をすすめるかというと、筆者が有酸素運動ですごく体調がよくなったからです。

 

いつもどこか痛い、不定愁訴(ふていしゅうそ)体調不良のデパートだったような筆者も、有酸素運動を習慣化することで…

 

【有酸素運動のメリット】

・肩がこらない

・歩いても足の裏が痛くならない

・疲れがたまりづらい

・ストレスが発散出来る

→メンタル安定

・呼吸が深くなる

 

…と、このように様々な健康上のメリットがありました。

 

これらのメリットのより詳しい内容は「【脱・虚弱】フィットネスバイクで30分の運動を1週間続けた効果」を御覧くださいね。また、運動をしないことのデメリットをまとめた「【脱・虚弱】運動不足にはこれだけのデメリットがあるという事実」もおすすめです。

 

今では毎日の有酸素運動をそれなりに習慣化出来ていますが、筆者もみなさんと同じように、元々は大の運動嫌いでした。

 

学生の頃は体育の授業が嫌い(今考えると団体行動が嫌いだった。)で、それからまともな運動習慣はほとんどありませんでした。

 

なんとなくいつも調子が悪い、けれど、健康診断では異常なし。

 

体力がなく、基礎体力をつけてもっと人生を楽しみたいと、フィットネスバイクを始めたら今までの不定愁訴が嘘のように激減しています。

 

運動するだけでこれだけ体調がよくなるなら、もう少し早く習慣化していればよかったと後悔したほどです。

 

 

 

まとめ

以上が有酸素運動初心者・運動嫌いでも続けやすいフィットネスバイクの魅力についてでした。

 

筆者の経験から、適度な運動はサプリメント以上の効果があると思っています。運動はなかなか習慣化し辛いものですが、歩くことが極限まで減っている現代だからこそ、健康のために適度な運動習慣を身に付けたいですね。

 

有酸素運動で、元気になっている今は薬代も節約出来ているし、体力がついたので、今まで以上に生活を楽しむことが出来ています。

 

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました