【代替コーヒー】チコリコーヒーにデメリットはあるの?まずい?効果や飲み方について解説します!

チコリコーヒー デメリット健康

ノンカフェインでコーヒー代替飲料としても有名なチコリコーヒーですが、飲むことでデメリットや体に悪いことってあるんでしょうか?

 

こんにちは、ハトムギ(@hatomugi_bikatu)です。

 

実は私が以前書いたこちらの記事「カフェイン断ち」による体への影響とおすすめのコーヒー代替飲料(チコリコーヒー・たんぽぽヒーコー)についてなんですが、「チコリコーヒー デメリット」で検索して訪れてくれる方が多いものの…

チコリの詳しいデメリットについては記載されていません(汗)。

そこで今回は、ライターとしても仕事をしている筆者が、全力でチコリコーヒーのデメリットや副作用を探してまとめてみました!

結論として、チコリコーヒーにデメリットらしいデメリットは見当たりませんでしたが、注意点などと合わせて紹介したいと思います。

 

チコリコーヒーにデメリットはあるの?5つの気になる点について

では早速、チコリコーヒーのデメリットや気になるところをご紹介していきます。

 

コーヒーの味と香りではない

先に、チコリコーヒーはあくまでコーヒー代替飲料であってコーヒーではありません。

そのため、香り高い本物の「コーヒー」を想像して飲むとガッカリするかもしれません(笑)

とは言え、決してまずいというワケではなく、けっこう癖になるし、なんなら美味しいです。

味については、後半で詳しく解説します。

 

飲みすぎに注意

デトックス効果や整腸作用、抗炎症作用があるといわれているチコリコーヒーですが、飲みすぎには注意してください。

特に、水分や老廃物を排出する作用が強いといわれているため、1日に5杯も6杯もと飲むと、過剰に体の水分を排出してしまう可能性があります。

とはいえ、どんなに健康に良い食べ物・飲み物でも、取り過ぎは良くありません。

当たり前のことと言えば、当たり前ですが。

 

脱水症状に注意

先ほどご紹介した通り、チコリコーヒーはデトックス効果(利尿作用)が強いため、大量に汗をかいている状態では適さない飲み物でしょう。

最近のように気温が35℃を超える日が続き、脱水状態にある時は経口補水液などを飲みましょう。

ただ、適度な利尿作用は体の熱を放出するため、ちょっと暑い日なら“チコリアイスコーヒー”なんて良いかもしれませんね。

 





アレルギーに注意

また、チコリコーヒーのチコリはキク科の植物のため、アレルギーがある方は避けたほうが良いでしょう。

シュンギク、ゴボウ、レタス、フキ、ベビーリーフなどがキク科の植物です。

 

妊娠中は飲んじゃダメ?

今回ここが一番迷いましたが、結論としては…

 

「妊娠中にチコリコーヒーを飲みたいなら、かかりつけの医師や助産師に相談してください」

 

となります。

 

ネットで検索すると、妊娠中はチコリコーヒーを「飲まない方が良い」とする主張と、「飲んでも良い」とする主張があります。

 

飲んじゃいけない理由としては…

 

  • チコリコーヒーのデトックス効果で子宮収縮がおこる
  • チコリはキク科のため、アレルギーの可能性があるから妊娠中は飲まない方がよい

など。

 

逆に妊娠中にチコリコーヒーを飲んでも問題がないという理由しとしては…

 

  • チコリコーヒーが危険という論文がない
  • ヨーロッパでは古くからチコリコーヒーが飲用されているが、妊婦も飲んでいるし問題はない。むしろカフェインレスのため推奨されている。

と、なります。

論文は散々探しても出てこないし、「医師監修」のチコリコーヒーと妊娠についての記事もなし。

 

ねこさん
ねこさん

もう、こうなってしまうと、何が真実かわからん…

 

摂取を避けるべきハーブがあるのは事実

(チコリコーヒーは、一旦置いといて…)

とは言え、ハーブの中には妊娠中に摂取を避けるべきものがあるのも事実です。

しかも、かなり種類があります。

「安全だと思ったら実は…」なんてことがあったら大変なので、妊娠中に控えるハーブティーについて、信頼性の高い参照リンクを張っておきます。

(カモミールも注意なのにはビックリ。)

 

▶参照リンク:国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 「 妊娠中のハーブ製品の自己判断による摂取に注意 (Ver.150605)

 

そのためチコリコーヒーの結論としては…

  1. 少しでも不安があるなら飲むのを避ける
  2. 興味があるなら医師や助産師に相談する

これが一番かなと思います。

 

チコリコーヒーのデメリットらしいデメリットは見つからなかった

以上のように、チコリコーヒーのデメリットを調べたものの、正直デメリットらしいデメリットは見当たりませんでした。

 

  • 商品単価が高いワケでもないし
  • 入手困難なわけでもない

そのため、コーヒーの代替飲料して、1日1~2杯を目安に飲む分にはなんら問題がないどころか、メリットが多い飲み物だと思いました。

 





チコリコーヒーの効果とメリット4選

では、デメリットについて把握したところで、チコリコーヒーにはどんな効果やメリットがあるかも確認しましょう!

 

水溶性食物繊維が豊富、便秘対策に

チコリには、水溶性食物繊維の“イヌリン”が豊富に含まれています。

チコリコーヒーも、焙煎度合によっては、このイヌリンを摂取できるとのこと。

食物繊維を摂取することで腸内環境が整い、便秘の解消や、ダイエット効果が期待できます。

 

デトックス効果で、むくみ予防

利尿作用や、便の排出を促す効果があることから、チコリコーヒーはデトックスにも効果的といわれています。

体内の余分な水分や老廃物の排出を促すことから、むくみにも効果的です。

 

肝臓を労わり、飲みすぎ対策に

チコリコーヒーには、肝臓を保護したり、肝機能を高める効果があるとのこと。

ただし、具体的にどのような成分にこれらの効果があるかまでは、調べがつきませんでした。

古くから「肝臓の友」として親しまれているとのことなので、飲みすぎが気になる時にもいいかもしれません。

 

ノンカフェイン、カフェイン絶ちに

私の思うチコリコーヒー最大のメリットは「ノンカフェインでコーヒー風味を味わえる」ところだと思います。

カフェインには、覚醒作用や興奮作用、利尿作用など良い効果がある反面、取り過ぎは体に負担がかかる原因となります。

 

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

参考:【カフェイン断ち】カフェインを控えるだけで起こった嬉しい効果5選

 

好きな人は分かると思いますが、カフェインを取らないためとはいえ、コーヒーを我慢するのって結構苦痛なんですよね。

 

「ならデカフェにすれば?」と思うかもしれませんが…。

フレーバーも味もしっかり残ったデカフェコーヒーって、、、結構高いんですよ。

それなら大人しくコーヒー飲むよ、ってなっちゃうんですよね。

 

その点、チコリコーヒーはコーヒーの雰囲気を感じながら、体にも良いという嬉しいおまけつき。

「コーヒーを我慢してカフェインを抜く」というより、「体に良いチコリコーヒーを選択して飲んでいる」という主体的な感覚が、何よりのメリットだと思います。

 

 

そもそもチコリコーヒーとは?チコリの根を乾燥させたハーブティー

Image by Griet Kurtz from Pixabay

では、ここで「そもそもチコリコーヒーってなに?」というところも解説したいと思います。

簡単に言ってしまうと、チコリコーヒーはハーブティーの一種で、チコリの根っこを乾燥させて焙煎したものです。

 

チコリはサラダとしても食べられる野菜

チコリコーヒーの説明の前に、まずは「チコリ(チコリー)」の説明から。

チコリは白菜に似た見た目のキク科の野菜で、ヨーロッパを中心に食用されています。

 

日本でも、北海道、岐阜県、埼玉県で栽培されているとのことですが…

残念ながら、スーパーでは見たことはないですね。

 

サクっとした歯ざわりで、独特の苦みが特徴とのこと。

また、チコリ自体も利尿作用やデトックス効果など、健康効果に優れた野菜らしいです。

 

ほっかいどうくん
ほっかいどうくん

見つけたら食べて見たいですね~

 

チコリコーヒーの歴史:ヨーロッパで発展した飲料

チコリコーヒーの歴史は所説あるようですが、最も古いものだと約5,000年前の古代エジプトや古代ローマ時代に、既に根の部分を食べていた記録があるそうです。

ただし、コーヒーとして飲んでいたかは不明。

 

参考:日本食料新聞「帝人「イヌリン」特集:コーヒー代替飲料などにも「イヌリン」」

 

1777年「コーヒー禁止令」

時代は進み、1777年、プロイセン(現ドイツ)のフリードリヒ2世は、国民がコーヒーを飲みすぎ貨幣が国外に流通することを危惧し「コーヒー禁止令」を発令します。

この時、代替飲料として庶民に親しまれたのが、チコリの根を乾燥・焙煎したものや、大麦を使った代替コーヒーでした。

恐らくこれがチコリコーヒーの原型でしょう。

「コーヒー禁止令」は20年ほど続いたものの、フリードリヒ2世の死後解除されたようです。

 

1806年「大陸封鎖令」

次にヨーロッパ全土でチコリコーヒーが活躍したのが、1806年、フランス皇帝ナポレオン1世がヨーロッパとイギリスの貿易を禁止した「大陸封鎖令」です。

この時もヨーロッパ国内でコーヒー豆の供給が途絶え、代替飲料としてチコリコーヒーが飲まれていたそうです。

その歴史の流れから、現在でもフランスでは、チコリコーヒーが親しまれているそうです。

 

また、チコリコーヒーについて検索すると「ニューオーリンズの名物」としてもでてきます。

これも当時フランスの植民地であった影響から、チコリコーヒーが飲まれていたことが由来の1つのようです。

 

歴史と情熱が生んだチコリコーヒー

…こうやって調べてみると、チコリコーヒーは、「どうしてもコーヒーが飲みたい!!」という情熱と、飽くなき探求心が生んだ代替飲料だということがわかりますね。

だって根っこを焙煎したらコーヒーになるなんて…思いつかないですよね。

確かに、今後20年、絶対にコーヒーが飲めないという状況でチコリコーヒーを飲んだら、それっぽい味に感動すると思います。

 

チコリコーヒーの飲み方はドリップでOK!

では次に、チコリコーヒーの飲み方についてご紹介します。

先に、私の買ったチコリコーヒーはこちら、ドリップタイプのものです。

 

チコリコーヒー 通販

2袋入って1,000円以下、お得です。

 

チコリコーヒー ドリップ

こうやって見ると、コーヒーと変わらないですよね~。

 

チコリコーヒー 淹れ方

こんな感じで、コーヒーのようにドリップして飲みます。

チコリ1kg(200g×5)フランス産は、濃く抽出されるため、コーヒー計量スプーン半分程度で大丈夫です。

 

チコリコーヒー

こんな感じででき上り。

コーヒー好きとしては、ドリップできるのが嬉しいです。

 

 

…ちなみに、ドリップが面倒なら溶かして飲めるパウダータイプもあります。

 





チコリコーヒーはまずくはないけど…!?

では、気になるチコリコーヒーの“味”について解説していきます。

やっぱりここが一番気になりますよね(笑)

 

香り:甘みのある独特な香り

まずは焙煎したチコリコーヒーの香りから。

けっこう独特で、時間がたった風味の抜けたコーヒー豆に、甘みをつけたような香りです。

…こうやって書くとまずそうですね(笑)

ねこさん
ねこさん

(※個人の感想です)

 

やっぱり植物の根っこなだけあり、ちょっと漢方っぽいような、ブラックのチョコレートのような、なんとも独特な感じです。

香りはコーヒーっぽくないです。

 

計量スプーン半分でドリップ:◎美味しい

チコリコーヒー

まずは、コーヒー計量スプーン半分でドリップしたブラックチコリコーヒーの味について。

ブラックなのにほんのりとした甘みがあります。

苦みと少しの酸味を感じるので、たしかに、コーヒーに近い味わいを楽しめます。

甘みも、ただ“甘い”というより、カラメルのような焦げ感のある甘みですね。

ブラックコーヒーとは違うものの、これならストレートでも美味しく飲めます。

 

計量スプーン1杯でドリップ:×まずい

次に、コーヒー計量スプーン1杯で濃いめにドリップ。

…これは・・・ちょっと無理な味ですね(笑)

 

かなり苦めに抽出したコーヒー(エスプレッソに近い)にカラメルソースを入れたような味です。しかもちょっと漢方っぽい。

コーヒーというより、「カフェオレベース」をそのまま飲んだ感じ。

 

計量スプーン1杯でドリップ:ミルクを入れると◎

チコリコーヒー カフェオレ

ストレートだと正直まずくてあれですが…

ミルクを入れると、ウソみたいに美味しくなります。

 

カラメルのような甘みがあり、なおかつコクもあるので、ちょっと贅沢に作ったカフェオレのような味わいに早変わり。

砂糖を使っていないのに甘みがあって、満足感もあります。

お砂糖が入っていないから、口の中に甘みが残らず、後味がすっきりしているところもポイントです。

 

ミルクを入れる前提なら、コーヒーよりもチコリコーヒーの方が好きですね。

もうね、チコリコーヒーは絶対ミルク入れたほうが良いですよ。

これはハマりますね。

 

チコリコーヒーの口コミを紹介

と、ここまで味の感想を書きましたが…

私が味音痴だと話にならないので、口コミも載せておきますね。

 

美味しい

牛乳を加えるとすごく美味しいです。様子見で400グラムにしましたが、次は1キロ買います。

思っているより少量で濃く出ます。抽出方はコーヒー豆と同量をドリップコーヒーみたいに落とすのが美味しいです。お茶のようにお湯に漬けておくと少し酸味を感じます。

引用:Amazon みかんさんの口コミ

 

ありがたい

昔吉祥寺のカフェ横尾さんで飲んだチコリコーヒーのカフェオレが本当に美味しかった。もちろんコクとか深みはかなわないですが、この値段でチコリコーヒーが買えるなんて感激です。毎日毎日チコリのカフェオレを飲んで1kg分飲みきったのでリピート購入です。

引用:Amazon 脱初心者さんの口コミ

 

毎日飲んでいます

濃いめに煮出して3杯/日 飲んでいます。

コーヒーが手離せなかったのですが、こちらで満足のためようやく脱カフェイン

することができました。

明らかに睡眠の質が変わって、身体が楽です。

また購入したいと思います。

引用:Amazon tinyseedさんの口コミ

 

普通の珈琲よりも好きです(*^_^*)

他の人のレビュー通り、普通の珈琲よりも少し苦味が強いです。

でも、その苦味が癖になって美味しいですヽ(^○^)ノ

 

濃い目に出して豆乳を入れても美味しいです(*^_^*)

 

昔、中津川市で買ったチコリ茶に半年くらいはまっていました。

中津川市のチコリ茶よりもこれの方がだいぶ安いし美味しいです(〃’ω`〃)

引用:Amazon にゃん🐈さんの口コミ

 

…こんな感じで「まずくて無理!」という口コミはありませんでした。

ただ、ドリップ量には注意が必要ですね。

とりあえず、味音痴じゃなくて良かったです(笑)

 

 

まとめ:チコリコーヒーで無理なくカフェインレス生活

以上が、チコリコーヒーのデメリットとメリット、味や飲み方についてでした。

デメリットらしいデメリットもなく、ミルクを入れると美味しく飲めるチコリコーヒーは、「コーヒーを飲みたい!」という情熱が生み出した飲み物と言えそうです。

 

実際に飲んでみると、コーヒーに近のに甘みを感じる独特な味わいで、すっかりハマってしまいました。

カフェインレス生活の強い味方ですね。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

written by hatomugi (@hatomugi_bikatu

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました